• 労働安全衛生広報
  • 労働安全衛生の専門情報誌
  • 労働調査会の定期刊行誌
  • 安全衛生に関する情報を幅広く網羅
  • 最新の安全衛生関連法規・通達を適宜掲載
  • 安全衛生担当者が知りたい情報を掲載、すぐに役立つ安全衛生情報誌
  • 企業の安全衛生活動事例を随時掲載
  • 安全衛生担当者必読の情報誌

労働安全衛生広報

  • 労働調査会
  • 読者会員専用サイト

本サイトは、定期刊行誌「労働安全衛生広報」の読者会員専用サイトになります。発行いたしましたユーザーID、パスワードでログインできます。

新しくご入会をご希望される皆様には、本誌のご購読お申し込みの後に、閲覧のためのユーザーID、パスワードが発行されます。

定期誌・読者会員様限定の書籍割引販売のご案内(2017年1月より受付スタート)

労働安全衛生広報労働安全衛生の専門情報誌

労働安全衛生法の改正や行政通達の発出などの最新情報、労働安全衛生行政の施策や最新動向、事業場における安全衛生活動の事例など、労働災害防止や健康づくりに役立つ記事を満載しています。作業標準やチェックリスト、安全衛生社内様式など、随時掲載する実務資料も好評です。また、「安衛相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、職場の安全衛生管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。

労働安全衛生の専門情報誌【労働安全衛生広報】
~好評の別冊付録(配布例)~
  • 危機事象発生時の産業保健ニーズ
  • 安全衛生と事故の法則“中小企業の災害は必ずへります”
  • 送検事例と労働災害 機械・設備編
  • 送検事例と労働災害 建設・屋外作業編
  • 職場のやさしい安全衛生
  • ニュー5Sへの取組
  • 化学物質の管理に役立つ化学物質の命名と分類

B5判/64頁/月2回(1日・15日)発行

年間購読会費 60,480円(本体 56,000円 + 消費税 4,480円)

最新号「2019年9月15日号」ダイジェスト労働安全衛生広報

シリーズ安全衛生ピンポイント

1日1回最大5分の「超短時間日々面談」で メンタルヘルス不調者への面談方法を改善!

PHC株式会社 松山地区

 PHC株式会社(本社:東京都港区)は、医療機器や医用情報システム、研究・医療支援機器の製造・開発・販売を事業として行っている。  今回紹介する同社の松山地区(愛媛県東温市 従業員数約850人、平均年齢47歳、男女比7.6:2.4(2019年7月時点))は、血糖値測定システムをはじめとした検査・分析装置の開発等を行う診断薬事業部と、研究・医療支援機器の開発等を行うバイメディカ事業部、および同社新規事業創出にあたり研究開発を行うR&Dセンター、そして本社部門の一部が置かれている。メンタルヘルス不調による従業員の休職を防ぐため、1日1回最大5分という「超短時間日々面談」により、短時間で面談対象者に関する多くの情報を得ているという。本稿では、この取組の具体的内容を紹介する。(編集部)

News

  • 安全衛生教育のあり方、労働災害防止対策の検討を開始(◆厚生労働省/有識者会議を発足)
  • 学科・実技合わせて7時間以上の実施が必要に(◆厚生労働省/今年10月1日施行)
  • 「令和元年度産業安全衛生宮城大会」を開催(◆(公社)宮城労働基準協会など)
  • 小学生を一日署長に任命し安全パトロール(◆京都・京都上労働基準監督署)
  • 令和元年(1〜6月)死亡災害発生状況((厚生労働省・速報値))

特集クローズアップ

クローズアップ労働局①

ビルメンテナンス業者を対象に 労働災害防止講習会を開催

東京労働局

特集クローズアップ

クローズアップ労働局②

休業4日以上の「死傷災害2,000人未満」を目指し チャレンジ アンダー2,000みえ推進大会を開催

三重労働局など

特集クローズアップ

クローズアップ労働局③

トラック運送業の死傷災害急増を受け 年末までの「労災撲滅運動」を展開

岡山労働局

特集ピックアップ

ピックアップ労働基準監督署

建設工事における安全体感訓練で 安全対策の重要性を再確認

東京・亀戸労働基準監督署

連載読解!安全衛生送検実例100選

NO.12 トラッククレーンで墓石材のつり上げ中、滑り落ちた墓石材に激突され死亡

(森井労働法務事務所 所長 特定社会保険労務士(元労働基準監督署長)森井博子/法律解説 弁護士 森井利和)

連載お仕事の合間に ストレッチ体操でリフレッシュ!!

第3回 今月のストレッチ 「背腹(せはら)」

((株)健康Life体操S&S 小坂 愛)

連載メンヘル・セクハラ・パワハラの法律と実務Q&A

第45回 『働き方改革関連法の早わかり―フレックスタイム制に係る改正』

フレックスタイム制の「清算期間」が改正 上限が3カ月となり、より柔軟な働き方が可能に

(労務コンサルタント 布施 直春)

連載労働安全・衛生コンサルタントからの声

VOICE.28 『労働衛生は人を大切にすることから』

―「人」を思う気持ちが健康経営の素地となる―

(日本予防医学協会労働衛生コンサルタント事務所 労働衛生コンサルタント 澤 律子)

解説・資料資料

外国人技能実習生の実習実施者に対する平成30年の監督指導等状況

約7割の5,160事業場で違反があり 安全基準の違反率は22.8%

◆厚生労働省

解説・資料資料

平成30年監督業務実施状況

安衛法違反の送検件数は 前年から55件増加し529件に

◆厚生労働省

解説・資料安全衛生ファイル

2019年7月の出来事

送検事例安衛法違反による送検事例

No.1047

誘導者を配置せずに斜面を掘削中 作業員が重機ごと転落し死亡

(編集部)

労務相談室

  • 安全管理交通災害防止対策/地図を使った方法とは

【労働安全衛生広報】読者会員専用サイトでは以上の記事の全文(PDF)を閲覧できます。

2019年9月15日号の目次(PDF)はこちら