新入社員、管理職候補等の立場に応じた教育で 確実な安全... ダイジェスト一覧

シリーズ安全衛生ピンポイント

新入社員、管理職候補等の立場に応じた教育で 確実な安全衛生管理を目指す

キヤノン株式会社

 オフィス用の複合機、家庭用のデジタルカメラやプリンター、プロ向けの映像機材、半導体製造装置などの開発・製造等を行うキヤノン株式会社(本社:東京都大田区、従業員数25,891人(2018年12月末時点))。同社はグループ会社を含め、多様な職場と多くの従業員を抱えている。  同社の安全衛生部門(本社および各拠点に設置。本社安全衛生部が各拠点を統括)では、従業員に対し、それぞれの立場に合わせた同社人事制度における階層別の安全衛生教育を実施し、労働災害や健康障害の未然防止に取り組んでいる。本稿では、同社安全衛生部門が実施している安全衛生教育について紹介する。(編集部)

News

  • 度数率1.83、強度率0.09(◆厚生労働省/死傷者1人平均労働損失日数は50.4日)
  • 体験授業&プログラム説明会を開催(〜帝京大学産業保健大学院プログラム〜)

連載社員教育に使える 目で見るパワハラ・セクハラ

第11回 パワハラ・セクハラ事例⑪

(看護師 産業心理カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント ナースCozue(森井梢江)(執筆・イラスト))

連載手続き前に読みたい!安全衛生報告・届出・申請

第29回 機械等設置・移転・変更届

(特定社会保険労務士 元労働基準監督官 労働衛生コンサルタント(衛生工学 保健衛生) 田原 さえ子)

連載なぜ訴訟につながった?やさしい判例詳解

東京地判平29.2.27判例秘書L07231030

第33回 Y社事件

~従業員同士の事業場内での接触事故と使用者責任~

(法政大学法学部講師 山本 圭子)

連載安衛法読み方講座安全管理者・衛生管理者・安全衛生推進者等の実務必携

働く人の安全と健康の確保は企業の礎

第17回 何を管理するか(機械④)

(山本労働安全コンサルタント事務所 代表 山本 和義)

解説・資料資料

平成30年の労働災害発生状況(確定値)

死亡者数909人、過去最小となるも 死傷者数は127,329人で3年連続の増加

◆厚生労働省

送検事例安衛法違反による送検事例

No.1042

除草作業中に日雇い作業員が被災するも 取引先の役員と共謀し労災かくしを行う

(編集部)

労務相談室

  • 安全管理マンホール等の酸欠危険場所/入退場時の点呼についてどのような定めが

【労働安全衛生広報】読者会員専用サイトでは以上の記事の全文(PDF)を閲覧できます。

2019年7月1日号の目次(PDF)はこちら

労働安全衛生の専門情報誌【労働安全衛生広報】   労働調査会の定期刊行誌

■労働安全衛生の専門情報誌【労働安全衛生広報】労働調査会の定期刊行誌

労働安全衛生法の改正や行政通達の発出などの最新情報、労働安全衛生行政の施策や最新動向、事業場における安全衛生活動の事例など、労働災害防止や健康づくりに役立つ記事を満載しています。作業標準やチェックリスト、安全衛生社内様式など、随時掲載する実務資料も好評です。また、「安衛相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、職場の安全衛生管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。

  • 安全衛生に関する情報を幅広く網羅
  • 最新の安全衛生関連法規・通達を適宜掲載
  • 安全衛生担当者が知りたい情報を掲載、すぐに役立つ安全衛生情報誌
  • 企業の安全衛生活動事例を随時掲載
  • 安全衛生担当者必読の情報誌

見本誌(無料)の送付・ご購読お申し込みはこちら