• 労働安全衛生広報
  • 労働安全衛生の専門情報誌
  • 労働調査会の定期刊行誌
  • 安全衛生に関する情報を幅広く網羅
  • 最新の安全衛生関連法規・通達を適宜掲載
  • 安全衛生担当者が知りたい情報を掲載、すぐに役立つ安全衛生情報誌
  • 企業の安全衛生活動事例を随時掲載
  • 安全衛生担当者必読の情報誌

労働安全衛生広報

  • 労働調査会
  • 読者会員専用サイト

本サイトは、定期刊行誌「労働安全衛生広報」の読者会員専用サイトになります。発行いたしましたユーザーID、パスワードでログインできます。

新しくご入会をご希望される皆様には、本誌のご購読お申し込みの後に、閲覧のためのユーザーID、パスワードが発行されます。

定期誌・読者会員様限定の書籍割引販売のご案内(2017年1月より受付スタート)

労働安全衛生広報労働安全衛生の専門情報誌

労働安全衛生法の改正や行政通達の発出などの最新情報、労働安全衛生行政の施策や最新動向、事業場における安全衛生活動の事例など、労働災害防止や健康づくりに役立つ記事を満載しています。作業標準やチェックリスト、安全衛生社内様式など、随時掲載する実務資料も好評です。また、「安衛相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、職場の安全衛生管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。

労働安全衛生の専門情報誌【労働安全衛生広報】
~好評の別冊付録(配布例)~
  • 危機事象発生時の産業保健ニーズ
  • 安全衛生と事故の法則“中小企業の災害は必ずへります”
  • 送検事例と労働災害 機械・設備編
  • 送検事例と労働災害 建設・屋外作業編
  • 職場のやさしい安全衛生
  • ニュー5Sへの取組
  • 化学物質の管理に役立つ化学物質の命名と分類

B5判/64頁/月2回(1日・15日)発行/年6回別冊付録つき

年間購読会費 60,480円(本体 56,000円 + 消費税 4,480円)

最新号「2017年7月15日号」ダイジェスト労働安全衛生広報

特集レポート

第90回 日本産業衛生学会in東京

過重労働・過労自殺への対策や 今後の展開を巡り活発な議論が

◆(公社)日本産業衛生学会

 5月11日~13日の3日間、東京ビッグサイトTFTビル(東京都江東区)で“産業保健近未来図”をメインテーマに「第90回日本産業衛生学会」が開催された。  会場には、多数の産業保健職や人事労務担当者等が来場した。  本稿では、過重労働・過労自殺防止対策、産業保健の今後の展開に関する3つのシンポジウムの模様を、ダイジェストで掲載する。

(編集部)

News

  • 死亡者数は12人(◆厚生労働省/平成28年の熱中症による死傷災害発生状況)
  • 建設現場で局長パト実施(◆大阪労働局)
  • 「労務安全衛生管理講習会」を開催(◆東京・三鷹労働基準監督署)
  • 「全国安全週間説明会」を開催(◆東京・新宿労働基準監督署)

特集ニュースレポート

労働災害防止推進運動協議会発足

約800人集め決起大会開催

◆名古屋北労働災害防止推進運動協議会

連載安全衛生監督ファイル

第64回 医師の放射線被ばくによる疾病

(森井 博子 森井労働法務事務所 所長 特定社会保険労務士(元労働基準監督署長)/法律解説 森井 利和 弁護士)

連載労働衛生ひとくちコラム

第11回 ラインケアの三次予防

(平野井労働衛生コンサルタント事務所 代表 平野井 啓一)

連載安全衛生初心者の館─化学物質編

3回目 ラベル表示とは

連載ニュー5S分析事例検討

~労災防止を5つの視点から考える~

第5回 ・暗きょ内部での配管の点検作業・ドラグショベルで荷を吊り上げ中、荷とダンプトラックにはさまれる

((一社)ニュー5S普及協会)

連載労働安全・衛生コンサルタントからの声

VOICE.21 『産業医の業務とは』

((株)四国産業安全技術研究所 代表取締役 労働衛生コンサルタント 矢野 智宣)

解説・資料資料

平成28年職場における熱中症による死傷災害の発生状況

熱中症による死亡者数は12人 いずれもWBGT値を測定せず

◆厚生労働省

解説・資料資料

2016年度「働く人からの悩み相談」統計結果

相談件数は2年連続で1万件超えに 「職場の問題」の相談が最も多く寄せられる

◆(一社)日本産業カウンセラー協会

解説・資料安全衛生ファイル

2017年5月の出来事

送検事例安衛法違反による送検事例

No.1007

ドラグ・ショベルのバケットが 作業半径内の作業員に激突し死亡

(編集部)

労務相談室

  • 衛生管理ストレスチェックの実施結果報告/従業員数50人未満だが報告義務あるか
  • 安全管理移動式クレーンで荷をつり上げるが/つり荷の下を立入禁止とすべき状況は
  • 安全管理ずい道でアーク溶接作業を行うが/防火担当者の職務を知りたい

【労働安全衛生広報】読者会員専用サイトでは以上の記事の全文(PDF)を閲覧できます。

2017年7月15日号の目次(PDF)はこちら