• 労働安全衛生広報
  • 労働安全衛生の専門情報誌
  • 労働調査会の定期刊行誌
  • 安全衛生に関する情報を幅広く網羅
  • 最新の安全衛生関連法規・通達を適宜掲載
  • 安全衛生担当者が知りたい情報を掲載、すぐに役立つ安全衛生情報誌
  • 企業の安全衛生活動事例を随時掲載
  • 安全衛生担当者必読の情報誌

労働安全衛生広報

  • 労働調査会
  • 読者会員専用サイト

本サイトは、定期刊行誌「労働安全衛生広報」の読者会員専用サイトになります。発行いたしましたユーザーID、パスワードでログインできます。

新しくご入会をご希望される皆様には、本誌のご購読お申し込みの後に、閲覧のためのユーザーID、パスワードが発行されます。

定期誌・読者会員様限定の書籍割引販売のご案内(2017年1月より受付スタート)

労働安全衛生広報労働安全衛生の専門情報誌

労働安全衛生法の改正や行政通達の発出などの最新情報、労働安全衛生行政の施策や最新動向、事業場における安全衛生活動の事例など、労働災害防止や健康づくりに役立つ記事を満載しています。作業標準やチェックリスト、安全衛生社内様式など、随時掲載する実務資料も好評です。また、「安衛相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、職場の安全衛生管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。

労働安全衛生の専門情報誌【労働安全衛生広報】
~好評の別冊付録(配布例)~
  • 危機事象発生時の産業保健ニーズ
  • 安全衛生と事故の法則“中小企業の災害は必ずへります”
  • 送検事例と労働災害 機械・設備編
  • 送検事例と労働災害 建設・屋外作業編
  • 職場のやさしい安全衛生
  • ニュー5Sへの取組
  • 化学物質の管理に役立つ化学物質の命名と分類

B5判/64頁/月2回(1日・15日)発行/年6回別冊付録つき

年間購読会費 60,480円(本体 56,000円 + 消費税 4,480円)

最新号「2018年7月15日号」ダイジェスト労働安全衛生広報

シリーズ重大災害の記録

暗渠内部の補修工事中、一酸化炭素中毒で3人死傷

~非定常作業における安全の軽視~

 群馬県内の暗渠補修工事現場で、作業員3人が補修作業に使用する設備や機械等を暗渠内部に設置および機械等の動作確認をする作業を行っていたところ、使用していた高圧洗浄機の内燃機関により一酸化炭素が発生。一酸化炭素中毒により、1人が死亡、2人が負傷した。  本件を受けて所轄労働基準監督署は、暗渠内で内燃機関を有する機械を使用するに当たり、内燃機関の排気ガスによる健康障害の防止対策を講じなかったとして、工事の元請であるA社と被災者の1人でもある工事課課長Zを、労働安全衛生法違反の疑いで書類送検したと発表した。  本稿では、取材により明らかとなった災害発生原因の詳細とその対策を報告する。

(編集部)

News

  • 6.75mを超える箇所ではフルハーネス型選定を(◆厚生労働省/墜落制止用器具の安全使用ガイドライン)
  • 労働災害再発防止講習会を開催(◆東京・池袋労働基準監督署)

特集とぴっく

厚生労働省委託事業

平成30年度「雇用管理研修」がスタート!

◆(株)労働調査会

連載安全衛生監督ファイル

第76回 作業構台からの落下物で被災

(森井労働法務事務所 所長 特定社会保険労務士(元労働基準監督署長)/法律解説 弁護士 森井利和)

連載なくせ労働災害!事故の型別防止対策

第7回 「有害物との接触」による災害の防止

(CSP労働安全コンサルタント CIH労働衛生コンサルタント 安全安心株式会社 代表取締役社長 中川 潔)

連載メンヘル・セクハラ・パワハラの法律と実務Q&A

第32回 『職場復帰支援の進め方②』

休職者が復職可能性の立証責任を果たした場合 使用者側には反証を行う責務がある

(労務コンサルタント 布施 直春)

連載使ってみよう!チェックリスト・様式集

チェックリスト・様式集⑤

解説・資料資料

平成29年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確報)

死傷者数544人、死亡者数14人 ともに前年より2割程度増加

◆厚生労働省

解説・資料安全衛生ファイル

2018年5月の出来事

送検事例安衛法違反による送検事例

No.1021

食料品製造工場で具材の攪拌作業中 作業員が攪拌機に巻き込まれ死亡

(編集部)

労務相談室

  • 衛生管理雇入れ時の健康診断/入社前の診断結果は提出可能か

【労働安全衛生広報】読者会員専用サイトでは以上の記事の全文(PDF)を閲覧できます。

2018年7月15日号の目次(PDF)はこちら